Share - 不思議の国、ジャパン(15) (パウロ・ボケ)

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn

キョウダイセブン

Writing

不思議の国、ジャパン(15) (パウロ・ボケ)

不思議の国、ジャパン(15) (パウロ・ボケ) 日本の皆さんは、 「現在の民主主義につながる市民革命がなぜヨーロッパで起こったのか?」 とか、 「なぜ、産業革命を支える科学技術がヨーロッパで起こったのか?」 と考えてことはありませんか? 私は韓国や中国を旅行したことがありますが、とても情緒的な人たちだと思う。すぐに喚く。日本は少し違います。アジアの中にあるのに、どこか論理的な考え方をする。だから、戦国時代の織田信長はスペインやポルトガルのようなヨーロッパの文明にすぐ馴染んだ。 明治維新の時もそうです。坂本龍馬や勝海舟の動きを見ていると、欧米との交渉の仕方をすぐに身につける。何かしら、自分の中にある文化と共通点がないととても出来ないことです。 ノーベル賞を受賞する日本人がアジアの中で多いのは、実証的な科学的精神を日本文化が育んできた証拠です。しかし、やはり長い歴史の中で中国や韓国と文化を共有してきたためにアジアっぽい感情論に流される人たちも多い。中途半端なんですね。 ALTとして日本に来て、日本人の親切心や民度の高さに驚かされることが多いです。しかし、その一方でアジア的な謎の部分も多い。

不思議の国、ジャパン(15) (パウロ・ボケ)