Share - 不思議の国、ジャパン(11) (パウロ・ボケ)

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn

キョウダイセブン

Writing

不思議の国、ジャパン(11) (パウロ・ボケ)

不思議の国、ジャパン(11) (パウロ・ボケ) 日本の「社会」の教科書には「賃金の安い労働力を求めて日本の企業がアジアに進出した」と書かれていました。この文章を読んでくださっている方も、そのような記述を読んだ覚えがあると思います。 実は今、海外で高い給料を手にできるのは寿司職人だけではない。営業840万円(日本の平均給与379万円)、ITエンジニア1020万円(日本の平均給与497万円)、コンサルタント1040万円(日本の平均給与480万円)などと、同じ仕事・同じ能力でも海外に出た方が倍々ゲームで稼げてしまう。  2021年度の日本の最低賃金は930円(2022年度は961円)、平均年収は470万円で、G7の中で最下位。30年間ほとんど上がらず、海外と比べると倍以上離されている。 私もアメリカで「ニッポンはアジアの中で最も生活水準が高い国」と習いました。でも、現在は事情が違うようです。日本の安い労働力を求めてアジアの企業が進出し、土地を買いあさっているそうです。 「失われた30年」の間に何が起こったのでしょう?私はニッポンの学校を見ていると原因が分かるような気がするのです。寄ってたかっ

不思議の国、ジャパン(11) (パウロ・ボケ)