Share - 不思議の国、ジャパン(4) (パウロ・ボケ)

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn

キョウダイセブン

Writing

不思議の国、ジャパン(4) (パウロ・ボケ)

不思議の国、ジャパン(4) (パウロ・ボケ) 私は子供の頃にハムスターを飼っていました。ある時、友達がメスのハムスターを飼っていると聞いて私のオスのハムスターと仲良くなれると思い同じケースの中に入れてみたことがありました。 すると、アッと言う間に私のハムスターは友達の大きなメスに追いかけられて食い殺されてしまったのです。ショックでした。自分の無知を恥じました。死んでしまったハムスターを見て泣きました。なんと残酷なことをしてしまったのだろう。 あれ以来、私は 「生き物は同じ空間に放り込むと、強い者が弱い者を食い殺すものだ」 と悟りました。幸いなことに私の育ったローガン中学校では同じ空間に長時間閉じ込められることはありませんでした。高校も大学も同じシステムでした。 ところが、日本に来て驚きました。日本には「クラス」という独特のシステムがあり、早朝から日没まで同じ空間に同じメンバーが閉じ込められます。 「こんなことしたら・・・」 と、私は危惧しました。 尋ねてみたら、やっぱり毎年「イジメ」が起こり、毎年「自殺者」が出るそうです。不登校や引きこもりという病を発症する子も数万人になるとのこと。当

不思議の国、ジャパン(4) (パウロ・ボケ)