雨宿り(第二話)十年目のラブストーリー

Section 6 - あとがき

進藤 進2022/02/06 11:24
Follow

最後まで御読みいただき、ありがとうございました。

感想等いだけると、嬉しいです。


「雨宿り」平凡な、よく使われるテーマです。


そんな平凡な日常を切り取った、リアルなストーリーを描いてみたいと思いました。


時代は「平成」。

「昭和」よりも新しく、「令和」の現代からはレトロな感覚。

日本が元気だった時代。


映画館も沢山あったけど、ビデオの普及で、どんどん、さびれていきました。


でも、「二番館」は地方都市などに、根強く残っていたものです。


この物語は私の大好きな「太田裕美」さんの「セカンドラン」のオマージュです。


古い曲だし、あまりメジャーでは、ありませんが。


恋人と観に行ったロードショーを、別れて数年後に「二番館」で観る主人公の気持ちを歌った曲で、とても切なく、心にしみます。


カラオケでも、結構人気だそうですので、機会があれば、聞いてみてください。


今回の「雨宿り」で私なりのショートストーリーを楽しんでいただけたとしたら、嬉しく思います。