雨宿り(第二話)十年目のラブストーリー

Section 3 - 第三章 ふるえる肩

進藤 進2022/02/06 11:24
Follow

そして、今。


俺は握りしめていた缶ビールを飲み干すと、コンクリートの床にそっと置いた。


コトリと音がした。


スクリーンではあの日、彼女と観た映画を上映していた。


主人公の若い兵士が戦場で手柄を立てて、褒美に故郷へ帰る途中だった。


軍用列車に密乗車していた、美しい少女と出会うシーンが再現されている。


モノクロの画面がかえって新鮮で心を捕らえて離さない。


二人は次々と列車を乗り換え、時間を共にするうちに恋に落ちていく。


だが恋心を打ち明けるまでもなく、二人は別れてしまう。


休暇の期限ギリギリで兵士は故郷にたどり着き老母と再会するが、別れを惜しむ間もなく戦場に向かい、帰らぬ人となる。


農場が広がる地平線に沈む夕日を、じっと見つめる老母の後ろ姿で映画は終わった。


エンドマークの後、場内が明るくなり客が立ち去る中俺は座ったまま、ただの白い布になってしまったスクリーンを見つめていた。


そう言えば、あの日もこうして座っていた。 


彼女が泣きじゃくっていたからだ。


震える肩が、ひどく小さく見えた気がした。