怪異の森には白い羽根が落ちている

Bitcoin
0 Satoshi
「俺には、もうあんた以外なんにも無くなってしまったんだよ」 「貴方が幸せになる場所が、出来れば私の隣であって欲しいと祈っているわ」 瀕死の重傷を負った剣士が目を覚ましたのは、不思議な森。 記憶を失った男は、自分を助けたセレナという女性のもとで暮らし始める。 しかしその森は、亡きセレナの母親、「お母様」によって改造され尽くした、文字通りの怪異の森だった。 少女のような美しい容姿、白銀の髪、月光の瞳。 茶目っ気のある性格で、男を振り回してばかりの天才魔道学者、セレナ。 長身で屈強な歴戦の剣士。真面目だが小姑のように口煩く怒りっぽい男。 「あんたをお姉さんなんて呼ぶわけないだろう!」 怪異の森には、毎日のように男の怒声が響く。 一歩踏み出せば危険が迫る仄暗い森で暮らしながら、男はセレナと共に「お母様」の人生を追う。 2020年4月から小説家になろうで連載している小説です。更新情報はTwitterにて。 著者 藺草鞠 絵 藺草鞠 ( https://twitter.com/mari_igusa/status/1270013717497786368?s=21)
Upvote this work by bitcoin tipping
file_copy
You can Collabo with this work
#ファンタジー #魔法 #ほのぼの #冒険 #残酷描写あり
Upvote this work by bitcoin tipping
file_copy

0 comments