少女の旅先

Bitcoin
0 Satoshi
雨が降り続いている遊園地。蹌踉けるようにゆっくり、ゆっくりと動き続ける観覧車。いつまでたってもバスの来ない、額づき続ける少年のいる停留所。 ​少女は、そんな場所を徘徊し続けた。何か得たもの、そんなもの何も無かった。たった一つだけあるのだとしたら、それは一人の男性と出会って、それで…後悔したことぐらいか。
Upvote this work by bitcoin tipping
You can Collabo with this work
Upvote this work by bitcoin tipping

0 comments