キョウダイセブン2022/09/15 23:08
Follow
Untitled

不思議の国、ジャパン(2) (パウロ・ボケ)


 私の生まれ育ったユタ州のマウントミドルスクールには、学校の敷地の隣に教会の施設が併設されています。日本にはパチンコ屋さんに「三店方式」という独特のルールがありますよね。金品の受け渡しは公営ギャンブル以外認められていないので、苦し紛れに作ったルールだと聞きました。


 アメリカには宗教の自由があるので、公立学校では特定の宗教を教えることが出来ません。しかし、建物が別であり宗教教育を受ける生徒は休み時間を利用して「自由」に出席しているだけ。

 なので、信教の自由は守られているというわけです。

 パチンコ屋さんの特殊景品の交換所が別棟になっているのと似ていますね。


 そこはともかく日本に住んで気づいたのですが、日本人は仏教ということになっていますが現実には無宗教ですね。

「アメリカでダーウィンの進化論とキリスト教の聖書の創世記を両方教えている」

 と聞くと、日本人の生徒の一般的な反応は

「アメリカ人って、そんな非科学的な教育を受けていて可哀そう!」

 というもの。


 でもね、無宗教者が大半を占める国は中国、北朝鮮、チェコ、エストニア、香港、日本のわずか6カ国です。日本は世界全体の中では神を信じない少数派です。


 たとえば砂漠でピラミッドを見つけたら日本人は

「あれは、ナイル河を転がってきた岩が立方体になって偶然積みあがった」

 と考えるのでしょう。多くの人の国の人たちは

「何者か(古代エジプト人)が作った」

 と考える。


 今、目の前に展開している宇宙の様子を見たら天体は極めて正確な運行を行っている。これは全て偶然のなしうる技と考えるか、何者か(神)が創り給うたと考えるか、どちらが科学的な考え方なのだろうか。

 カオスでない以上、何者かが設計したと考えるから科学技術が進歩してきたのだと思う。


 ニッポン人は、自分たちを「神様を信じないから科学的」な人間だと判断しているようです。しかし、これは世界基準から見ると極めて少数派。

 ー唯一日本人だけの考え方である自覚を持った方がいい。


 日本は“中国、北朝鮮、チェコ、エストニア、香港“と同じグループ、つまり社会主義国に列せられるレベルの無宗教の国家に見えているんですよ。


 実際、学校のシステムは全体主義国家も顔負けのクラスの団結、強制的な部活制度、制服、全員同じ問題集など異常な同調圧力で有名な国家です。


 同調しないと「村八分」の目に合うし、イジメの対象になって最悪の場合は自殺に追い込まれる。そして、その事実は必ず隠ぺいされる。

 こんな恐ろしいシステムの下で教育を受けている日本の中学生や高校生が可哀そうだと思う。


 不登校や引きこもりが増えているのは、健全な精神の持ち主が増えてきた証拠です。日本は国民の数が減って国力が落ち続けているのだから、移民を受け入れる以外に生活水準を維持できません。


 学校を世界標準に近づけないと誰も日本に住みたいと思わないはず。クラスの廃止。強制部活の自由化。ブラック校則全廃。制服や髪型の自由化。やるべきことは山ほどあります。


 もし、私の母校であるマウントミドルスクールで「今日から制服」「今日から髪型はこれ以外認めない」「今日から鞄と靴はこれ」「下着は白以外ダメ」なんてやったら全国放送のTV局がやってきます。

 たぶん、大ニュースになって「人権無視」との抗議デモが起こるでしょう。だから、最初からそのようなことはやらない。


 でも、民主主義の国と思ったニッポンではそれが平気で行われているのは本当に「不思議の国、ジャパン」としか言いようがありません。


 神様の存在を信じているか否かで大きく意見が分かれる話題が日本のマスコミで取り上げられています。


   文春オンラインが22年9月10日に配信した記事によると、坂本は肉体関係を持った20代女性から妊娠したことを打ち明けられた際、「おろすならおろすで早い方がいいやろ?」などと中絶を望むような言葉をかけたという。精神的に追い詰められた女性は自殺未遂を起こしたという。


 ご存じの方も多いと思いますが、私の母国のアメリカでは長年「人工妊娠中絶」の可否が憲法問題となっています。その根底には、命は神様から与えられたもので人間が手を触れるべき問題ではないという認識があると思います。

 私の生まれ育ったユタ州でも、妊娠18週以降の中絶の禁止です。日本は22週以降です。


 そういうお国柄なので、巨人軍のスター選手と言えども「おろせばいい」という発言を許せるアメリカ人はいないと思います。おそらく、即座に永久追放だと思います。アスリート以前の人間性の問題です。


 ところが、不思議の国ニッポンではマスコミが取り上げません。何もなかったように選手はプレーを続けています。日本の中学生や高校生には

「有名であれば、大金を持てば、赤ちゃんを殺しても大丈夫」

 と無言で教えているようなもの。


 これは、神様を信じるクリスチャンやイスラム教徒には信じられない暴挙です。とても、先進国の仲間と言ってほしくありません。

Support this user by bitcoin tipping - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)