「京大医学部4名合格講師」による受験対策講座(150)


キョウダイセブン2022/07/31 00:34
Follow
「京大医学部4名合格講師」による受験対策講座(150)

「京大医学部4名合格講師」による受験対策講座(150)


三重県立高校運動部でいじめと疑われる行為 生徒は断続的に欠席 部活動には参加できず

学校側は、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定(三重テレビ放送)

 三重県内の県立高校運動部でいじめが疑われる行為があり、学校側が「重大事態」に認定したことがわかりました。三重県の木平教育長は29日、いじめ対策審議会で調査を進めていると説明しました。


   私は三重県で生まれ育ち、名古屋の大学に通い名古屋で勤務して中学生や高校生を指導させてもらった。アメリカの中学校での指導経験もある。三重県を出て初めて三重県の中学校や高校の異常性を知ったものです。


 部活動は「強制」をやめるべき。やりたい生徒はやり、やりたくない生徒はやらない。なんで、こんな当たり前のことが実行できないのだろう。ヤクザ予備軍のような生徒と大人しい内向的な生徒を「クラス」や「クラブ」という閉鎖空間に押し込めたらイジメ問題が起こるに決まっているではないのでしょうか。


 最近、ブラック部活の問題がマスコミを賑わしている。しかし、それは「教師の労働環境」の改善という視点ばかり。生徒の声など誰も耳を貸さない。そうこうしているうちに、イジメの犠牲者が出続けている。


  I was born and raised in Mie Prefecture, attended college in Nagoya, and worked in Nagoya, teaching junior high and high school students. I also have experience teaching at junior high schools in the United States. It was not until I left Mie Prefecture that I learned about the abnormalities of junior high and high schools in Mie Prefecture.


 Club activities should stop being "forced“. Students who want to do it should do it, and students who don't want to do it should not. Why can't they do this obvious thing? If students who look like reserve gangsters and quiet introverted students are forced into the closed space of "classes" and "clubs," isn't it obvious that bullying problems will occur?


 Recently, the issue of black club activities has been making headlines in the media. However, it is all from the perspective of improving the "teachers' working environment“. No one listens to the voices of the students. In the meantime, victims of bullying continue to appear.



高木繁美

 「高木教育センター」塾長。名古屋大学卒業後、アメリカユタ州のローガン中学校で教師をした後、帰国。英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などに合格。少林寺拳法二段。ジャッキー・チェンの前でヌンチャクを披露したことが自慢。「私の京大合格作戦」(エール出版)2020年度版から2022年度版に漫画化されて掲載。チャットワークを用いた独自の通信添削を全国の難関校受験生対象に行っています。「高木教育センター」検索。

Support this user by bitcoin tipping - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)