ホンマにアホやなぁ!(4)


キョウダイセブン2022/07/23 23:42
Follow
ホンマにアホやなぁ!(4)

ホンマにアホやなぁ!(4)

  しかし、アメリカから名古屋にある7つの予備校、塾、専門学校に履歴書を送付しても全て無視されたので、私は日本の英語業界で認知されている資格を取らざるをえなかった。

 事実、英検1級を取ったらどの予備校、塾、専門学校も返事が来るようになった。結局、コンピューター総合学園HAL、名古屋ビジネス専門学校、河合塾学園、名古屋外国語専門学校などで14年間非常勤講師をすることになった。

 その間に出会った英語講師の方たちの中に、英検1級を持っている人はいなかったし、旧帝卒の講師の方もいなかった。資格を持たないと雇ってもらえないという私の見方は誤っていた。

 私はその頃には受験英語を捨てていた。どの資格試験の英作文も面接試験も、すべてアメリカで使っていた英語で通した。つまり、中学生レベルの英語を使って難解な内容を表現する英語だった。


 However, after sending my resume from the U.S. to seven prep schools, cram schools, and vocational schools in Nagoya, all of which ignored me, I was forced to take a certification recognized in the English industry in Japan.

 In fact, once I took Eiken Level 1, all prep schools, cram schools, and vocational schools began to respond. I ended up teaching part-time for 14 years at Computer Comprehensive Academy HAL, Nagoya Business College, Kawaijuku Gakuen, and Nagoya College of Foreign Languages.

 None of the English instructors I met during that time had an Eiken Level 1, nor did any of them have a degree from the former Imperial University. My view that one had to be qualified to be hired was incorrect.

 I had abandoned examination English by that time. I went through all of the English essays and interviews for any certification examinations in the English I had used in the United States. In other words, it was English that used junior high school level English to express difficult content.

Support this user by bitcoin tipping - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)