「京大医学部4名合格講師」による受験対策講座(139)


キョウダイセブン2022/07/20 21:28
Follow
「京大医学部4名合格講師」による受験対策講座(139)

「京大医学部4名合格講師」による受験対策講座(139)


日本人は同じ様な発想と決められたことには従順で、飛びぬける輩は叩かれて、普通になってゆく。 だから、米の様に同じ米国人を雇っていても「人種・宗教・肌の色・言語他」 全く違う発想には至らないし、それを重視する風土も無い!


 教師、教育委員会、文科省は新しい制度を導入しようとすると、必ず「反対」する。それは

「今までこれでやってきてうまくいっていた」

 という公務員特有の“何もしない”体質が現れるからだ。


 何か新しいことをして失敗したら責任を取らされる。だから、何もしないのがベスト。そう考えるのが公立中学、高校の教師の体質なのだ。口では「多様性」の尊重と言いながら同じ発想をしない生徒や保護者は徹底的に叩く。


 同じ服装、同じ髪型、同じ教科書、同じ問題集、同じカリキュラム、同じテスト。とにかく、全て同じという校則・規則で生徒をがんじがらめにして「昨日と今日はまったく同じ日」というのが望ましいと考える。


 日本を30年間も給料の上がらない、進歩の無い社会の基礎には無意味な学校制度という怪物が横たわっているのだ。破壊しなければ、日本から有能な人たちは全員逃げ出すであろう。


 Teachers, school boards, and the Ministry of Education always "oppose" any attempt to introduce a new system. It is because

"We've been doing it this way for a long time, and it's working well.“

 This is because they have a "do-nothing" attitude that is characteristic of public officials.

 If they try something new and it fails, they will be held responsible. Therefore, it is best to do nothing. This is the nature of teachers at public junior and senior high schools. They talk about respecting "diversity," but they thoroughly criticize students and parents who do not share the same ideas.

 The same clothes, the same hairstyle, the same textbooks, the same problem sets, the same curriculum, the same tests. Anyway, they think it is desirable to have "yesterday and today are exactly the same day" by strangling students with the school rules and regulations that everything is the same.

 The monster of the meaningless school system lies at the foundation of Japan's 30 years of unprogressive society with no salary increases. If it is not destroyed, all capable people will flee Japan.


高木繁美

 「高木教育センター」塾長。名古屋大学卒業後、アメリカユタ州のローガン中学校で教師をした後、帰国。英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などに合格。少林寺拳法二段。ジャッキー・チェンの前でヌンチャクを披露したことが自慢。「私の京大合格作戦」(エール出版)2020年度版から2022年度版に漫画化されて掲載。

Support this user by bitcoin tipping - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)