イナベより愛をこめて(6)


キョウダイセブン2022/03/24 00:56
Follow
イナベより愛をこめて(6)

イナベより愛をこめて(6)


昨日と同じ今日ではない


 私が塾を始めたのは30年以上前のこと。当時はバブルの頃だったし、田舎ではアメリカ帰りの塾講師なんて珍しかったのでしょう。で、初年度から30名ほどの中学生の子が来てくれました。

 3年目には100名を突破したので、実家の近くに200坪ほどの土地を購入して塾と自宅を新築しました。


 あれから30年以上時間が過ぎて、日本は「失われた20年」と呼ばれる不況の真っただ中。私の塾生は中学生主体の塾から、高校生主体の塾に変貌した。私は英語講師から、授業の8割が数学という数学講師い変わった。

 いつから変貌したのかというと、バブルが崩壊した頃から徐々に変化してきた。突然、変われるはずはない。準備が必要だから。


 もし、私が「うちは中学生主体の塾なのだ」とコチコチ頭だったら倒産して夜逃げになっていたことだろう。もし、私が「私は英語講師なのだ」と頑なだったら今頃は首をくくっていたかもしれない。


 通信生を考えた時も、友達は「Z会などの大手があるから個人塾ができるわけがない」と言っていた。でも、50代で高校生に混じって京都大学を7回受けて高得点を取れる英語を研究して、その結果をSNSで公開したら「京大医学部医学科」の合格者が4人でた。


 昨日と今日は同じように見えても、実は絶え間なく変化し続けている。チャレンジを続けないと、あっという間にガラパゴス化するのが現実だ。

Support this user by tipping bitcoin - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)

Advertisements