魔法のシロップ屋さん

1-11

宇波2022/03/06 11:37
Follow

 陽夏の言葉に、彼は顔を上げる。

その目はやや見開かれていて、信じられない。そんな感情を表情に現している。


「……よろしいのですか? 紹介したわたくしが言うのもなんですが、本当に素人作品のような出来でございますよ?」

「んー。でもさ、ここにあんのって、ほとんど五万じゃ買えないもんばっかっしょ?」

「はい、左様でございます。しかし、予算が五万であれば、量販品でも十分な品質のものがたくさんございますが……」

「それ、この子紹介してくれたおにーさんが言っちゃうー?」


 陽夏は快活に笑いながら、杖をぎゅっと握りしめている。

まるで、離さないと言わんばかりに。


「いーの。ウチがこの杖気に入ったんだし。要するにさ、ウチと一緒に成長してくれる杖ってことっしょ?」


 いーじゃん。そう言って笑みを深める陽夏。

彼はそんな陽夏の言葉に、はっとした表情を浮かべた。


「この杖作った人が今も作ってんのか、辞めちゃったのか知らんけど、今も作ってんのなら成長してるってことだし。ウチも成長したいから、この杖買うよ」


 そう彼女が言い切ると、彼は感極まったように深々と頭を下げ直す。


「ありがとうございます。その杖を作った者も、きっと報われます」


 そして顔を上げた彼は、どこか憑き物が落ちたような、そんな穏やかな笑みを浮かべていた。


「それでは、杖をお預かりさせていただきます。他にお買い物はございますか?」

「んや、いーや。それよかおにーさん、このクーポン使える?」

「ああ、使えますよ。ご使用になりますか?」


 陽夏はそのままクーポンを差し出そうとして、はた、と止まる。

その行動を疑問に思い、「陽夏?」と声をかけると、彼女はクーポンを財布にしまう。

代わりにその財布から、現金五万円を取り出し、レジに置いた。


「やっぱ現金で」

「よろしいのですか?」

「もしかしたら一生の相棒になるかもしれんし。ちょっとばかし苦労して貯めたお金の方がいいかなって」


 悪戯っ子のようにそう言えば、彼女は舌をちろっと出す。

そんな彼女に、彼は共感したように何度か頷いた。


「それではそのように。お包みいたしますので、しばらくお待ちください」


 彼はそう言って店舗裏へと消えていく。

陽夏の手には、杖を買ったという証拠のレシートが残った。


「メグ、難しい顔してっけど、どした?」

「陽夏も色々考えてるんだなって」

「そうっしょ? ウチ、意外と毎日頭使ってるんだぜぃ」

「すごいよ。私、おねえちゃんの役に立ちたいってそればっかりで、全然そんなこと考えてもいなかった」


 時折、振舞いからは想像もできない利発さを垣間見せることはあった陽夏だが、基本はギャルだし、私からしたら大切な友達で、幼馴染で。

だけど、時々陽夏が、いつか私と決別して、ずっと遠い所へ行ってしまうのではないか。

そんな気配を感じさせて、無性に怖くなってしまう。


「でもさ、ウチ、メグのことそんけーしてるんだよ?」

「ほんと?」

「ほんとほんと。だってメグ、誰かが困っていると一生懸命じゃん」

「いや、それは、だって、私が、思考も見通しも甘いだけだよ、そんなの」

「できないよ。ウチには」


 陽夏が私の思考を読み取ったかのように、真剣な顔をして見つめてくる。

私はその顔から、視線を逸らしてしまった。


「昔さ、メグが手助けした子、いたじゃん?」

「えっと、もしかして、飯田さんのこと?」

「そうそう。でも、手助けは失敗しちゃってさ。メグは助けようとしたのに、本人や関係者に責められて」

「あれはしょうがないよ。私の力が足りなくて」

「でも、そのことに対してメグ、弱音も恨み言も吐かなかったじゃん。助けようとしたのにー。とか、そういうの、一切」


 私は陽夏の目を見る。

凪いだ光が、彼女の瞳に映っていた。


「強いよ、メグは。ウチ、そんなメグをいっつもそんけーしてるもん」


 そんな視線が照れ臭くなって、私はまた、目を逸らした。


「……ありがと」