たなた2022/02/17 06:29
Follow

水を掬ったのにいつのまにかなくなってる。

あお

青空を映し出す、雨水のたまり。


手を入れると少し冷たくて、空に波紋が広がっていく


両手ですくえば、僕の手の中に空は呼吸する


だんだん


だんだん


僕の手の間から零れ落ちてしまうこの時間。


白い雲が流れゆくように


いつのまにかいなくなる


それなのに


青空も、この澄んだ雨水も、終りゆく時間もどうして


今は


僕の手の中にいるのだろう。いるように思われてくれるのだろう


優しさですか?


仮初の慈悲ですか


掴ませてはくれないのに。凄く虚しいのはなぜですか

Follow

Support this user by tipping bitcoin - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)

Advertisements