雨宿り(第三話)薄くなった男

あとがき

進藤 進2022/02/07 19:54
Follow

最後まで御読みいただき、ありがとうございました。

感想等いだけると、嬉しいです。

 

「雨宿り」平凡な、よく使われるテーマです。

 

そんな平凡な日常を切り取った、リアルなストーリーを描いてみたいと思いました。

 

時代は「平成」。


「昭和」よりも新しく、「令和」の現代からはレトロな感覚。

 

日本が元気だった時代。


残業も多く、パワハラ上司が多く存在していた。


それでも、サラリーマンは歯を食いしばるように頑張って、仕事をこなしていました。

 

でも、あるキッカケで、人生観が変わる。


そんな「雨宿り」のショートストーリーを楽しんでいただけたとしたら、嬉しく思います。