雨宿り(第三話)薄くなった男

第一章 タバコの煙

進藤 進2022/02/07 19:41
Follow

雨が、降っている。


男は駅ビルのポケットパークの椅子に座りながら、ボンヤリ眺めていた。


交差点から溢れ出す人波の中に、電話で聞いた目印を捜している。


時折、自分の頭を神経質そうに撫で上げている。


冬枯れを待つ秋の樹木のように、いじらしくも耐えていた髪の毛が一本一本、男から別れを告げていき、それでも男はその存在を確かめる行為を、やめる事は出来なかった。

 

(何をやっているんだろう・・・俺は。) 


男はポケットからタバコを取り出すと、火をつけた。


浅く吸い込んだ煙を力無く吐くと、又、交差点に目を向けた。


(どうせ・・・来るわけがない・・・。) 


タバコの煙が真っ直ぐに昇って白いラインを作りながら、グレーの街を切り取っている。

 

風が無いのだろう。


今日は少し、蒸し暑い気がする。