「文武両道」なんて要らない


キョウダイセブン2021/12/27 02:46
Follow

「文武両道」なんて要らない

「文武両道」なんて要らない

「文武両道」なんて要らない

「文武両道」テーマに子どもの未来を考えるイベント/埼玉県

「文武両道」をテーマに、子どもたちの未来について考えるイベントが、26日、さいたま市内で開かれました。  このイベントは、スポーツを通じての人材育成を進めようと、浦和学院高校野球部の森士前監督が中心となり、子どもたちやその指導者を対象に今回、初めて開催されました。


「A子ちゃんのこと」 A子ちゃんのこと | 高木繁美, ディリリー | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon

 いまだに「文武両道」を唱える人がいることに驚き。文字を見れば分かるように、これは江戸時代の人の、それも武士の人の人生哲学。日清、日露戦争から第二次世界大戦まで戦争が続いたので、80年前まで生き残ったスローガン。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(起)』ご依頼作品 - YouTube

 まさか、21世紀になってまで口にする人がいるなんて“生きた化石”が現れたような違和感がある。こういう人たちは教育の世界に入り込んではいけないと思う。一部の教師が「部活と勉強の両立」と形を変えて時代錯誤の目標を押し付けている。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(承)』ご依頼作品 - YouTube

  そういう人たちは

「あなたは両立させる素晴らしさを知らないから、そんなことを言う」

 と、よく反論をされる。

 だから、書いておきたいが

「私は少林寺拳法二段で、旧帝に合格しています」

 つまり、時代錯誤の人たちの基準にあった人間です。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(転)』ご依頼作品 - YouTube

  スポーツは、やりたい人がやればいい。しかし、やりたくない人に強制するのは「ちがう」。その時間を勉強に充てたい人もいれば、ボランティア活動に充てたい人もいるだろう。それが多様性を認めるということ。

 目覚めた人たちは「ブラック部活」だ「ブラック校則」だと抗議を始めている。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(結)』ご依頼作品 - YouTube

  共産党一党独裁の中国でも“人民服”はなくなった。なのに、日本の学校は

「この服を着ろ。この靴をはけ。この鞄を持て。この問題集を使え。この髪型をしろ・・・」

 世界中に、こんな基本的人権も無視の国はないのですよ。

 世界基準で見たら「独裁的システム」と言わざるをえない。


ボイスドラマ『スペック・ハイ SP』ご依頼作品 - YouTube

 「強制」「弾圧」というのは、人々の思考力や創造性を奪ってしまう。教師も、教育委員会も、文科省も、公務員の方は言われたことしかできない。官僚を指導すべき政治家は、当選するために多数派に媚びる。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 こうして、日本は世界でも稀な30年間成長しない国、給料の上がらない国、衰退する国になってしまった。賢い子はとっくの昔にそのことに気づいて頭脳の流出が続いている。多数派に従ったらダメなのだ。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-外伝-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 企業を見れば分かる。ヒット商品は「みんなが賛成するもの」ではない。差別化しないと生き残れないが、差別化というのは「みんなと違う考え方をする」人でないと生み出せない。多様性のない社会は最終的に崩壊するのは歴史を見れば分かることだ。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-数学編-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 ブラック部活、ブラック校則と批判の声が日増しに大きくなっているのに、学校は何も変えられない。「部活は自由」「校則は廃止」。たったこれだけのことが、どうして出来ないのだろう?

 全く不思議だ。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-破局編-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 都市部では、経済的に余裕のある人は公立校を避けて私立校に通わせる流れが定着している。公立中学校や高校は、名前の示すとおり「みんなのため」の学校。どうしても、落ちこぼれの子を出さないという使命がある。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-最終章-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 しかし、これは受験的に言うと「最低レベルに合わせて教材を選定して、最低レベルを基準に授業をする」ことを意味する。現実にはボリュームが一番大きな「中間層」をめがけて授業を行う学校が多い。


ユリちゃんの「京都大学医学部医学科」合格体験記 - YouTube

 つまり、トップレベルの「浮きこぼれ」と底辺の「落ちこぼれ」の子たちは無視されている。そのため、塾は浮きこぼれの子のための「進学塾」と、落ちこぼれた子のための「補習塾」に分かれている。


京大の英語|高木教育センター (coocan.jp)

Support this user by tipping bitcoin - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)

Advertisements