日本がまぶしいほど輝いていた頃


キョウダイセブン2021/12/24 08:55
Follow

日本がまぶしいほど輝いていた頃

日本がまぶしいほど輝いていた頃

日本がまぶしいほど輝いていた頃

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という本をご存じだろうか?


(原題:Japan as Number One: Lessons for America)は、社会学者エズラ・ヴォーゲルによる1979年の著書だ。


 70万部を超えるベストセラー本だ。日本経済の黄金期(1980年代の安定成長期)を象徴的に表す語。当時の日本人の数学力はイスラエルに次ぎ2位。1日の読書時間の合計が米国人の2倍に当たった。


「A子ちゃんのこと」 A子ちゃんのこと | 高木繁美, ディリリー | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon

■米国の人気職業1位は「データサイエンティスト」 。日本は「ユーチューバー?」

 米国では、10年ほど前から数学関連が人気職業になっている。米求人情報サイトのキャリアキャスト・ドットコムの2021年版「ベスト・ジョブ」ランキングでは、ベスト10の1位は、ビッグデータを分析してビジネスなどに活用する「データサイエンティスト」。「統計学者」(3位)、「数学者」(5位)が続き、10位のうちの半分以上を数学関連が占めた。2009年と14年には「数学者」が1位になった。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(起)』ご依頼作品 - YouTube

 私の塾生の一部の子は

「数学なんか社会に出ても何の役にも立たない」

 と、うそぶいている。そして、ゲームに夢中になっている。ゲームの基礎は数学だと知らないのだ。数学がなければ、ゲームはこの世に存在していないのに。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(承)』ご依頼作品 - YouTube

  日本の企業が韓国や中国企業との競争に敗れて身売りするハメに陥るなんて、当時は想像すらできなかった。コロナ騒動になって、日本にはワクチンを開発する企業が無いことに気づき外国企業に「売ってくれ!」と懇願する始末。

  給付金を配ろうとしたら、他の先進国なら翌週には配り終えているのに日本のお粗末なIT環境では2か月先。倒産してから給付金を配っても遅いよね。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(転)』ご依頼作品 - YouTube

  今年9月にスイスのビジネススクール「IMD」が公表した2021年の「世界デジタル競争力ランキング」によれば、日本の総合順位は28位で、18年以降、右肩下がりが続いている。1位は米国だが、日本は韓国(12位)、中国(15位)、マレーシア(27位)などよりも低い。

  日本はデジタルに関しては、先進国から滑り落ちているわけだ。その理由は受験指導の現場にくれば、すぐに分かる。


ボイスドラマ『スペック・ハイ(結)』ご依頼作品 - YouTube

  日本は同調圧力が異常に高い国だ。「変わった人」を排斥しようとする。数学力を発揮する人は、世の常識にとらわれない「変わった人」が多い。クセの強い人が多い。米グーグルは変わった経歴の人を積極的に採用している。「変な人」が救世主になることが多いことが分かっているから。

  評価する側の力も問われるが、日本の教師、教育委員会、文科省にはそうした人材がいると思えない。


ボイスドラマ『スペック・ハイ SP』ご依頼作品 - YouTube

 教師は凡才の方が多い。天才的な才能のある生徒の指導はできない。日本には才能豊かな中学生や高校生が多い。


  第62回国際数学オリンピックは7月18日から24日まで開催された。日本チームはホテルコンチネンタル府中(東京都府中市)に滞在して大会に臨んだ。107か国・地域から619名が参加し、日本からは6名が代表として参加。金メダル1つ、銀メダル2つ、銅メダル3つを獲得し、国別順位25位の成績を収めた。
 金メダルは、開成高等学校3年生の神尾悠陽さん1名。銀メダルは、灘高等学校2年生の沖祐也さん、筑波大学附属駒場高等学校3年生の床呂光太さんの2名。銅メダルは、東大寺学園高等学校3年生の吉田智紀さん、灘高等学校3年生の小林晃一良さん、麻布高等学校2年生の井本匡さんの3名が獲得した。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 そういう天賦の才能のある少年、少女は画一性を嫌う。そんな生徒たちに、教師は

「同じ服を着ろ、同じ靴を履け、同じ髪型にしろ、同じ髪色にしろ、同じ下着を着ろ」

「部活は強制なのだ。黙って従え」

 こんな教育は、才能の芽をつぶすだけ。もちろん、賢い子たちはそんな学校には通いたくない。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-外伝-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

  数学オリンピックでメダルを取るような子の在学校を見て下さい。開成高等学校、灘高等学校、筑波大学附属駒場高等学校、東大寺学園高等学校、麻布高等学校。自由な校風で知られる超進学校ばかり。

 変な教師に才能の芽をつぶされたくない人は地元の中学校や高校を避ける。大人になると“頭脳の流出”が起こる。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-数学編-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 戦後の混乱期から高度経済成長、バブルの頃まで日本はこんなガチガチの管理教育の国ではなかった。学級崩壊、イジメの多発の頃から非行少年を基準にして縛り付ける「ブラック校則」「ブラック部活」が日本中に広がってしまった。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-破局編-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 長年「落ちこぼれ」対策にばかり時間とエネルギーを費やしている間に「浮きこぼれ」の子たちは見捨てられた。本人たちはそう感じて、公立校から私立校へ大移動が始まった。そして、今は日本からアメリカに大移動が始まりつつある。


ボイスドラマ『ユリちゃんの「京都大学、医学部医学科」合格体験記-最終章-』【ご依頼サンプル】 - YouTube

 このままでは、日本は有能な人材の数では韓国や中国に対抗できない中身がスカスカの国に転落していく。私の教えさせてもらっている賢い子たちは口をそろえて

「こんな国は出ていく!」

 と言っていますよ。


ユリちゃんの「京都大学医学部医学科」合格体験記 - YouTube

 気づいている人はいるらしく、学園ドラマも「スクールウォーズ」や「ごくせん」といった不良のドラマから「ドラゴン桜」や「2月の勝者」のような受験モノに移行しつつある。

 そうなのだ。非行少年がヒーローの社会は歪んでいる。開成や灘。東大や京大の合格者がヒーローになる国でなければ、金銭的にも報いられなければ日本から有能な人材は消えてしまう。


京大の英語|高木教育センター (coocan.jp)


 2022年は、日本の夜明けぞ。

「日本を今一度、洗濯いたし申し候」  by 坂本龍馬

Support this user by tipping bitcoin - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)

Advertisements