世界情勢の変化で眠れる巨人が目を覚ます


キョウダイセブン2021/12/15 09:49
Follow

世界情勢の変化で眠れる巨人が目を覚ます

世界情勢の変化で眠れる巨人が目を覚ます

世界情勢の眠れる巨人、日本が目を覚ます(日本語訳)

       ハル・ブランズ
 ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究所のヘンリー・A・キッシンジャー特別教授、戦略・予算評価センターのシニアフェローを務めている。

 A
 近代以降、日本は3度にわたり、国際情勢の大きな変化に対応し、外交政策を大きく転換させた。

 今、日本は、菅義偉から岸田文雄に首相が交代し、指導者の交代が行われている。戦後日本の総理大臣のほとんどがそうであったように、両氏とも自民党の代表であるため、「同じことの繰り返し」のように見えるかもしれない。しかし、より重要なことは、攻撃的な中国と不確実な米国の複合的な衝撃のおかげで、日本も第4の外交政策革命に暫定的に近づいていることである。

 これまでの3回の革命は、いずれも地政学的な大混乱を経たものであった。最初の革命は、1850年代に西洋が日本を強制的に開国させた後に起こった。その結果、明治維新が起こり、近代経済と強力な軍隊が建設され、日本は中国とロシアを主要な戦争で打ち負かす大国として出現したのである。

 第二の革命は、1930年代に起こった。世界経済の崩壊と中国における日本の目標に対する挑戦の高まりにより、日本は軍国主義、暴力的な拡張、アジアにおける経済的自立の探求を受け入れ、それによって第二次世界大戦の火種となったのである。

 第三の革命は、日本がアメリカ軍に敗れ、占領された後に起こった。戦後日本の指導者たちは、自主外交を放棄し、安全保障を米国に委託することで対応した。その結果、日本は地域の繁栄の原動力として再建され、東アジアを比較的安定した平和な時代に導くことができた。

 しかし、日本の静観の時代は終わりつつある。その最大の理由は、中国の好戦性である。北京は東シナ海の尖閣諸島の支配に挑戦し、日本の南側を遮る台湾を脅かしている。中国は、東京や米国の同盟国を圧倒するための海・空軍能力を構築している。その指導者は、第二次世界大戦中に中国を荒廃させた日本に手痛い教訓を与えたいと望んでいることをあらゆる角度から示している。

 日本の安全保障は、同時に信頼できない米国によって脅かされている。

 ドナルド・トランプ大統領は、中国がこの地域を経済的に支配しないようにすることを主な目的とした貿易協定である環太平洋パートナーシップから離脱し、定期的に二国間同盟を破棄すると脅している。

 ジョー・バイデン大統領は日米関係に正常なリズムを取り戻したが、米国を主要な太平洋貿易協定に参加させることも、悪化する地域の軍事バランスを逆転させる方式もまだ見つけ出せてはいない。また、バイデン大統領の就任は、トランプ大統領の強引な単独行動主義と "アメリカ・ファースト "への回帰の間に挟まれるだけの存在になりかねないという懸念もある。

 日本は脅威が集まるのを黙って見てはいない。2016年、安倍晋三首相は "自由で開かれたインド太平洋 "という概念を発案した。日本は、オーストラリア、インド、米国との四極安全保障対話(Quad)の復活に中心的な役割を果たした。 何年もの間、東京は軍事力を投射する能力に対する憲法上の制約をゆっくりと解いてきた。日米同盟は反中国的な性格を帯び、日本の空軍と海軍はアメリカ軍の潜在的な海上衝突地点のパトロールを助けている。

 おそらく最も注目すべきは、日本の指導者が、台湾を守るため、あるいは中国の侵略を撃退するための地域戦争で、東京がアメリカを支援する可能性を示唆し始めたことだろう。日本は対艦ミサイルを琉球列島に配備し、戦争になれば潜水艦を使って中国の太平洋へのアクセスを遮断する計画を立てている。

 これらのことは、東京がワシントンと協力して、半導体などの主要技術におけるサプライチェーンの確保と民主主義諸国の技術革新の促進、発展途上国への質の高いインフラ支援、その他中国の影響力に対抗するために行っているものである。中国の台頭に対抗して、日本も静かに大国としての復活を始めている。

 しかし、日本は米国の復活を期待する一方で、米国の縮小をヘッジしている。安倍政権は、アメリカの離脱後もTPPをつなぎ止めた(2018年には縮小版の「環太平洋パートナーシップに関する包括的および進歩的協定」が発足した)。岸田氏は今、中国をこの協定から締め出す一方で、おそらく台湾を参加させるという難題に直面している。東京はEUと主要な貿易協定を結び、オーストラリアやインドとサプライチェーン同盟を発足させ、米国の対外経済政策がまだ疑わしく見える時期に中国への経済的依存を減らすために、中国への依存を減らしている。

 学者であるアダム・リフが観察するように、これまでのところ、この変化は革命的というよりは進化的である。国防費はまだ国内総生産の1%程度に抑えられている。核兵器開発に関する公然の話題は依然としてタブーである。しかし、トレンドラインは紛れもなく、より「正常な」日本の外交政策、つまり、世界におけるより大きな、そしてより恥ずかしくない役割へと向かっている。

 アメリカから見れば、ここには大きなチャンスがある。日本は、その地理的位置、経済力、軍事力、技術力、民主主義的価値観から、前世紀のイギリスと同様に、今世紀において重要な同盟国となりうるだろう。

 しかし、この同盟を最大限に活用するためには、米国は、オーストラリアや英国との最近のオーカス協定のような創造的な安全保障協定や、地域デジタル貿易協定のような経済イニシアティブを通じて、太平洋地域の将来の繁栄に中心的な役割を果たすことができるよう、その持続力を示すことが必要であろう。

 対照的に、中国にとっては、日本の復活は不吉なものに映る。ある誇張された中国のプロパガンダビデオは、日本が台湾をめぐる戦争に参加した場合、北京は「継続的に」核兵器で日本を攻撃すると約束している。中国当局は、新たに攻撃的で軍国主義的な日本が生まれると警告している。皮肉なことに、民主的な日本は中国の脅威に対してほとんど防衛的に対応している。

 北京の好戦的な態度は、日本が再び外交政策革命を経験する可能性を高めている。それは、再び中国を犠牲にすることになるだろう。

ブルームバーグ

Support this user by tipping bitcoin - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)

Advertisements