転生先は異世界学園


時雨パーカー2020/05/13 14:07
Follow

ある日、交通事故によって死んでしまった少女凪咲は 女神を名乗る女性によって日本に類似した異世界へと転生させられる。 そこで待っていたのは、魔法学園都市と呼ばれる学園の理事長 零崎彩だった。 これは一人の少女の学園の物語である。

プロローグ

雨が痛いほどに少女の体に降り注いでいた。

少女のすぐ近くでは、やかしいほどに大音量で

車のクラクションの音が鳴り響いていた。

段々と、熱の失われていく体を仰向けにして少女は

ただぼーっと暗雲が広がる空を見上げていた。


(・・・天国ってどういう場所なんだろう?)

そんなことを少女は考えつつもゆっくりと手足を動かそうとしてみる。

しかし、一向に手足の動く感覚はなく代わりに帰ってきたのは

想像を絶するような痛みだった。

痛みに耐えかね少女は行動を止めつつ空を見上げた。

相変わらず空からは絶え間なく雨が降っており

それは少しずつけれども確実に少女の体温を奪っていた。

それと同時に少女はだんだんと体が重く感じ段々と

まどろみへと切り替わりつつあった。


(ああ、もう寝ましょうかね)

そんな事を考え少女はそのままゆっくりと意識を手放すのだった。


Support this user by bitcoin tipping - How to tip bitcoin?

Send bitcoin to this address

Comment (0)